風俗店の業種のおはなし

担当B


こんにちはー!
今日は、いつもと趣向を変えてみましたー。

今日はですね、耳年増的に30代風俗未経験の「私」が仕事柄、得た知識(?)をまとめておくのもアリかなー、とふいに思ったのでそうすることにしてみました(笑)
この仕事をするまで全く風俗のことを知らなかったんですけどね。
こっそり単語を検索したりしてました(;・∀・)

その中でも、ものすごく基本的なことだと思うんですが、

『業種』

ですね。
デリヘルと待ち合わせヘルスとホテヘルの違いがわからなかったり、
ピンサロとセクキャバの区別がつかなかったり、、
調べてみるとしっかり違いがあったのだと理解しました。
あと、あれですね、給料体系だったり。業種によって異なったりしますよね。
時給だったり、仕事の数によるものだったり。

ということで、今日は一番最初に内容を理解した、

『デリバリーヘルス』

のことをまとめておきましょうか。

求人ポータルサイトを扱っていると一番多く感じる業種じゃないでしょうか?
なんとなくのイメージになってしまいますが、極端な話、待機所の無い店舗だったら、お客さんからの電話を受ける場所さえあれば営業できそうですもんね。
もちろん無店舗の風俗営業の届出は必要なので住所だったり電話番号だったり必要ですが。
どんなお店であってもオープンさせたり営業することは大変だと思いますが、お客さんがやってくる店舗を用意することを考えたら少しハードルが下がる、んじゃないでしょうか?そういうこともあってか数も多いんじゃないかと推測。どうなんですかね?

一言にデリヘルといっても、お店のコンセプトによって様々な種類にわかれますよね。
60分が5万円を越えるような高級デリヘル、
逆に30分数千円で激安を謳うデリヘル、
23歳くらいまでの女性しかいない若専のお店、
30代くらいの人妻のお店、
40代以上の熟女のお店、
ホント種類が多いです。
お客さんの層もこのコンセプトによってきちっと分かれてたりするんですかね?
価格帯でも年齢層分かれそうなイメージ。若い人だとやっぱりカジュアル価格のお店で、中高年の富裕層が比較的高いお店を利用しそう。


場所:指定されたホテルや自宅に車などで移動

メリット:
待機中は比較的自由。自宅や漫画喫茶・カフェなどで自由に過ごす事ができる
店舗型よりコースの時間が長いので収入は店舗型ヘルスより高くなることも
24時間営業のお店もあるので自分の都合に合わせて勤務時間を自由に選べる

デメリット:
派遣という特性上、移動時間が発生するため勤務時間内における接客回数に影響がでる場合がある
店舗型と違いスタッフが近くにいない

といったところですかね。
生活スタイルを崩さずに勤務時間を決められるということなので、他の業種とのかけもちや、一般の仕事とのかけもちも可能なお仕事がこれですね。

Twitterで仕事をされている方たちのつぶやきを目にすることがありますが、かけもちだったりされている方も少なくないようです。そういう書き込みを見ると「あー、すごく頑張ってるんだなー」と感心さえしてしまいます。

あ!あと、あれですね。
風俗でしっかり稼ぐ方たちは『個人事業主』となりますので、確定申告をしなくてはならないそうです。
確かに、「今月◯十万だった!」なんて方たちは、一般のお仕事以上に稼いでるわけだしね。もう立派な個人事業主。
確定申告はお忘れなく。



全国のデリバリーヘルスの仕事探しはコチラ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply