風俗のダミー店について思うこと

担当B

ちょとカテゴリに迷ったんですが、とりあえず「風俗のあれこれ」にしてみました。

今日、ネタに持ってきたのは『ダミー店』について。

これまでも何回か「ダミー店」について触れていたのですが、ちょっと目に余るサイトを見かけたので。書かずにはいられなかった。。
お店を名指しはしませんが、風俗嬢はもちろんのこと、私のように風俗求人サイトに携わる人間からしたら「うーん、怪しい」しかないお店について。

風俗未経験の女性が「高収入」という言葉を見て店探しをしているとしたら、よほど注意深い人じゃないとうっかりだまされそうかな、って。
正直、求人を探す女性側のことを考えると、「ダミー店」の掲載はなるべく避けたいと考えています。
ただ、ダミー店であっても、きちんとその屋号が各都道府県の警察署に届出されているので違法ではなかったりします。
届出に記載していても「今」営業している必要性はないんですしね。

多くの場合、性風俗店はより多くの集客を得るために、男性が遊ぶお店を探すためのポータルサイトを見たりします。
お店のサイトを巡るよりも、ポータルサイトで複数のお店を比較した方が早いですしね。
こういったポータルサイトへの掲載にはお金がかかります。※お金がかからないサイトもありますけどね。

ダミー店の場合、実際に営業していないわけですからなるべく広告費はかけたくないのが本音でしょう。
故に男性向けのポータルサイトの掲載がなかったりすることが多いです。

私が見かけた「目に余るサイト」はまさしくそんなサイトでした。
屋号で検索をすると求人しか見つからない、といった状態でした。
挙げ句の果ては電話番号で検索すると過激な屋号のお店がヒットしました。

「ダミー店確定」

ですよね。これって。
一応、このダミー店の場合、営業用ページもあり、出勤情報が表示されてはいました。
ただ、男性側の立場に立つと記載されている内容はあまり魅力的ではないかもしれない。
女性の写真は全てがっつり着衣、サービス内容は普通、もしくは超ソフト、料金高め。
このお店のサイトを見て「よし女の子を呼んでみよう」ってなるのかなぁ?
あと、店舗型ならまだしも、無店舗型はサイトで営業をアピールしないと利用者がいないのでは?とも思います。

どこの風俗店でもより多くの女性に来てもらいたいのはわかりますが、こういったサイトを餌にして、面接時に全く違うコンセプトのお店を紹介するのはいかがなものかと。風俗の仕事を探す女性は何よりも「お金」目的なのですから、お客が全くいないダミー店よりも集客がある店の方で働くのが一番でしょうけど、その店が合う合わないは女性によって違うでしょうしね。

このブログを見ている方の中にもしも風俗未経験でこれから働こうと考えている女性がいたとしたら、今から書く内容を見てなんとなく頭の片隅に置いておいてくれたらな、と思います。

①超ソフトサービス&高額日給の組み合わせは怪しい
②営業サイト(男性向けサイト)がない
③営業サイトがあったとして、出勤情報がない
④同じく営業サイトがあったとして、在籍女性の情報が乏しい
⑤写メ日記や客向けの情報等のリアルタイムな更新情報がない
⑥Google等の検索ツールを使って検索した場合、求人サイトしか出てこない
⑦営業ポータルサイトに掲載がない(どメジャーなところでシティヘ○ンとか)

こんな感じでしょうか。
私も風俗求人サイトに携わった初めの頃はあまりに業界を知らなさすぎて、
「えー、風俗ってすごい簡単にお金になるのか!」って思いました。
いや、ほんと短絡的ですね(笑)
風俗勤務の実態はその業界の先輩方がTwitterなんかで赤裸々にツイートしてくれているから、未経験の人はこの人達が普段どんなことをつぶやいているかのぞかせてもらったらいいと思います。
いいことも悪いこともあるようです。

ダミー店から話が逸れましたが、風俗の仕事を探す未経験者さんは「求人の中にダミーが入り込んでいることもある」ということと「高収入を得るためには文字通り身体を張るしいかない」ということを肝に銘じておく必要がありますね。
なるべくダミー店の求人にひっかかる人が少なくなることを祈っています。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply