SNSは風俗嬢の日常が見える?

担当B

今日はさらっと雑談的に。
連休明けですしね。

このブログを見ている人の中には風俗嬢の方もいたりするんでしょうか?
それとも業界と全く関係ない人なんでしょうか。
風俗嬢の方だとすればもしかしたらTwitterから来てくれたかもしれないですね。ありがとうございます。

53253188ab4e7460dca89d3fb9c39098_s.jpg


さて、本題です。
風俗で働く女性のどれくらいの割合か全く見当がつかないですが、営業用ではなく本音を発信するためにTwitterを使う方が多くいるかと思います。

df0730b8c5f0d631606421f570583e6c_s.jpg

インスタやフェイスブックではなく、Twitterが圧倒的に多いんじゃないでしょうか。
担当Bのアカウントがフォローしている中に風俗嬢さんはいますし、フォロワーさんの中にもいます。
お店の看板を背負って発信する人もいれば、裏アカを作り個人が特定されないようにしながらお客やお店の愚痴を発信する人もいます。匿名性があるTwitterだからこそできるんだと思いますが、日本では風俗嬢に限らず、他の人でも個人が特定されないようアカウントを作る人が多いです。海外では自分の写真をアイコンにし、本名で登録することが多いのに比べ、日本人のアカウントはモノや風景の写真、ペットやイラスト等を使用し、有名人でない限り本名をそのまま登録する人は少ないかと思います。だいたいがニックネームや全く関係のない名前にしていますね。

話がそれました。

もし、「ちょっと風俗でバイトしてみようかな」とか「風俗のこと知りたい」と思っている人は一度Twitterで風俗嬢の方の発言を見てみるのもいいかもしれません。
いい事も悪い事も出てくると思います。
さすがに店名を出しながら発信する人は少ないと思うので(店名が出ているときはそのお店のアカウントか在籍嬢、それ以外ならだいたいがネガティブな話題)、特定の店の総合的な評価を集めるのは難しいんじゃないですかね。
なので、業界の雰囲気を見てみる程度になるかと思います。あと性病に関する話題。
性風俗店で働くからには「性病」という言葉がついてまわってきます。
性病に感染しているとわかっているのにも関わらず無神経な嬢や客によって、巡り巡って感染させられるかもしれません。
とんでもない行動をする嬢や客の情報が拡散されていることもあります。そういうところから情報収集するのもひとつの手段です。

d7a80a44798fe459a2a4f989082d60a7_s.jpg


風俗嬢の方をフォローしている担当Bのアカウントと、私自信がプライベートで使用しているアカウントではタイムラインの内容が全く違います。
担当Bのアカウントのタイムラインには「風俗関連(求人・営業・収入・客・店・風俗嬢・性病のこと等)」「整形」「ホスト」「痴漢・男女差別関連のニュース」が流れてきます。プライベートのアカウントにはこのあたりの内容はRTでも流れてくることが少ないです。まぁ、プライベートのアカウントではフォローしている数が少ないのもありますけど。
中には風俗関係なく有益な情報のRTもあるので、プライベートにアカウントの方でもRTしたりします。
また、痴漢、男女差別関連は私の友人たちからもなかなかRTで回ってこないので、同感した場合もついついRTをしてしまいます。

d3f28dbda2b91da911ba3fbf0fb8e33b_s.jpg


話がそれました。(本日2度め)
Twitterなんかはとくにですが、SNSの情報をすべて鵜呑みにするのではなく、「参考程度に」ということが大切です。もちろんデマの情報にふりまわされないことも大事です。
数あるツイートを見てみると「こんなに稼げるのか」「こんなに稼げないのか」等さまざまです。
それはその人が働いているお店の環境や待遇、もちろん集客によって違います。また業種や店のジャンルにもよります。
人によって満足いく金額が違います。1日2万円で満足する人もいれば10万円以下では不満に感じる人がいるでしょう。
それはその人の生活の環境や目指すものによって違ってきます。
風俗で働いている人はSNSで同じ仕事をしている人とつながって情報共有してもいいでしょうし、風俗で働くことを検討している人はお客や業種の雰囲気等、ツイートから読み取ってもいいんじゃないでしょうか。

2529755f331fb5d112c29d930d564954_s.jpg
Posted by担当B

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply