出稼ぎと寮完備について

担当B

風俗一本に絞っている人、学生で長期休みがある人は「出稼ぎ」という働き方を利用することもありますよね。
また、住むところが決まるまで店の寮を利用する人もいるでしょう。

風俗店の求人情報にたびたび出てくる「出稼ぎ歓迎」「寮完備」の文字。
これらを条件に入れて仕事探しする人は思った以上に多いかと思います。
今回をそれぞれのメリット・デメリットをふまえてまとめていきます。

「出稼ぎ」という働き方


ed351042c0edb8826253774a75464323_s.jpg

一定の期間、長時間勤務(待機)をするのでまとまった収入が期待できるのが出稼ぎです。
面接を事前にメールやLINEですませてしまう店や、現地に行ってからという店があります。
後者の場合、交通費を自腹で切って行っている分、 入店が決まるかわからないためリスクが高い可能性があります。

出稼ぎはだいたい地方の店になりますが、店側からすると絶対数的に少ない田舎の場合、限られた人数しかおらず女性不足に陥ります。その場合出稼ぎを受け入れることで女性の数を増やし集客を促すことができます。わざわざ高い保証まで提示して出稼ぎを受け入れるということはそれだけ集客がある店ということかもしれません。


出稼ぎのメリット

・知らない土地なので知人に会う可能性が極めて低い
・保証金が設定されていることが多いので暇でも収入になる※条件付きがほとんど
・場所によっては旅行気分になれる=美味しい食べ物や観光地がある→気分転換になる
・交通費や宿泊費のいくらか、もしくは全額を負担してくれる店もある
・寮完備の店であれば宿泊費がかからない場合もある
・まとまった金額を持ち帰れる
・決まった期間だけなので人間関係が楽
・新人として働くので指名を取りやすい

出稼ぎのデメリット

・保証を受け取るための条件が厳しい場合がある(写メ日記の更新条件、時間厳守等)→悪質店の場合何かしら理由を付けて支払わない
・宿泊施設が寮の場合、衛生面が悪い場合もある
・帰りたくてもすぐに帰れない可能性もある≒ホームシックになる
・勤務時間が長くなるので体力的にも精神的にも疲労が溜まる
・嘘広告を掲載していることがある→保証・待遇について掲載内容と違うことを面接で言われる
・実際に働いてみないとスタッフの対応などの環境がわからない=事前の下調べが必要


風俗店の「寮」とは


とても便利に聞こえる「寮完備」という待遇。住むところがない人にとって魅力的な待遇です。
マンションの部屋を借りるとなると初期費用が何十万とかかりますが風俗店の寮の場合、「1日何千円」のような金額で住むことができます。ただし、1日3,000円の場合30日借りた場合は90,000円の家賃ということになるので注意が必要です。
即入居可能な「寮完備」は便利なシステムですが、メリットだけではなくデメリットももちろんあります。
利用の際は気になることが少しでもあれば、トラブルを避けるためにも納得がいくまで店のスタッフに確認してからにしましょう。

91b8f328910b5c557477d22f3b2a876f_s.jpg


寮利用時のメリット

・住居を借りる際の初期費用がいらない
・保証人が不要
・シェアハウスやルームシェアの場合寂しくならない
・家具家電付きで生活に必要なものがそろっているので、身一つで入れる
・ペット可、同居人可の場合もある
・店のスタッフが合鍵を持っているので何かあった時に対処してくれる
・店が近いので出勤がしやすい

寮利用時のデメリット

・出勤日数等の条件がある→シフトの融通がききにくい
・数人でルームシェアする場合があるので一人が好きな人には不向き
・店のスタッフは合鍵を持っているのでいつでも部屋に入れる
・鍵交換はしないため以前に住んでいた女性が合鍵を作って忍び込むこともできるので防犯上のリスクがある
・先住人の部屋の使い方が汚いとそのままになっている可能性がある
・長期で住むのは難しい=新人の女性を入居させるため
・よく確認しないと店泊の場合もある

まとめ


求人情報には「高級マンション寮完備」や「きれいなマンション個室寮完備」など様々な表現で「寮完備」の詳細が掲載されています。これらの部屋に関する情報はそのまま写真を掲載している場合や文字だけ、素材画像などの場合もあるので全て真実とは一概には言えません。そのためクチコミ等の情報収集が必要になってきます。
情報収集せずに店から発信している情報だけを鵜呑みにして失敗した、なんていう話は結構聞くかと思います。
もちろん、そんなお店だけではなく、クチコミ含めてとても良いお店もあるようです。
いかに情報を収集するか、が肝心ですね。特に出稼ぎの場合は収集して損はないと思います。
せっかく遠方に出稼ぎに行くわけですから満足のいく結果を得てもらいたいなと求人ポータルサイトの担当者はいつも思っています。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply