SM・M性感って?

担当B

ポータルサイトでわりとひとくくりにされやすい「SM」と「M性感」ですが、ここではそれぞれ説明をしていきます。
SMってあれでしょ?鞭とか蝋燭とか。女王様がいて男の人が奴隷で。みたいなイメージですよね。一般的な認識はこんな感じかと思います。ただし、この認識の逆パターンもSMにはあります。

26f070eaa095f253df6841dff6c03319_s.jpg


SMのお店


風俗業界に疎い人でもなんとなく想像ができるんじゃないでしょうか?
女王様が男性に対して虐げ責めているシーン。
「調教」という言葉がある通り、なかなかマイノリティな嗜好の世界観になるので、店舗の数が限られています。
そのため比較的料金が高めになっていて、他の業種に比べて女性の給料も高めになります。

また、「女王様」の印象が強いSMですが、実際は「M嬢」もおり、男性をひたすら責める女王様と違ってM嬢は男性に責められる女性ということになります。
どちらも蝋燭や鞭、縛ったりなど他にも嗜好性の高い内容でハードになるためソープと同じくらい稼げる業種になります。
女王様に責められるMコース、M嬢を責めるSコース、それぞれの役割が全くの逆になるので注意が必要です。
Mコースでは男性は女王様に触れることができません。ひたすら受けとなります。プレイの細かい内容は予約時等にヒアリングされることが多いようです。
Sコースの場合は男性主体になるので、男性側がある程度サービスの内容を把握しておく必要があります。また、いくらM嬢が相手とはいえ、無理なことを強要してはいけないので相手を気遣う気持ちも大事ですね。

f8066ebcc66d09cf0094641bbe577f5d_s.jpg

本格的な「SM」とは違い、「ソフトSM」を掲げるお店もあります。こちらは上記で示したようなSMでのハードなプレイが必須ではありません。そのため働く側の女性も、お客様として行く男性にとっても敷居が低くなり利用しやすくなっています。
「SMに興味はあるんだけど…」や、「こわいかな?」と思っている人にとってはこういったソフトSMで試してみるのもアリかもしれませんね。

M性感について


女性が責めで男性が受け身になります。M嬢はいません。
手や道具等を使って気持ちよくさせるのでSMほどではないにしても少し特殊な世界観です。

ce4c39e0a2771a0c3a2a45f4303710a6_s.jpg

価格帯としてはヘルスよりも少し高いくらいでしょうか。基本的に男性が女性に「一方的に責められる」内容なので、女性が男性に触られることはありません。多くのお店では基本的なサービス内容には粘膜同士の接触がないので女性は比較的安全に働くことができます。その代わり、「男性を気持ちよくさせる」必要があるので技術や経験が必要になってきます。

M性感やSM、ソープに共通して言えることだと思いますが、通常他の風俗店の場合は未経験者の需要が多くありますが、こういった「プレイ内容」が重要になってくる特殊な業種だと熟練者であるほど収入につながるのではないでしょうか。
男性を責めることが好きなS気質の人にとってはこういった業種もあるのでお店探しの選択の幅が広がりますね。

特殊な世界観


ここまで述べた通り、SMもM性感も独特な雰囲気と世界観があります。
どちらも女性によって向き不向きがあって当然です。
もちろんお客様になる男性も自分の性質に合わせてお店を選びます。
M気質でどんどん責められたい、調教されたいと思う人はSMクラブで女王様を選ぶでしょうし、S気質でM女性をとことんんまで責めたい人はSMクラブでM嬢を選ぶでしょう。「責められるのはちょっと…」「一方的に責めるなんて…」と考えている人はSMクラブには向いていません。
また、完全女性主導での調教ではなく快感を求める男性はM性感のお店を選びます。M気質な男性ということになるので女性がしっかりとプレイをしなくてはなりません。

ソフトSMとM性感であれば比較的初心者でも抵抗なくこなせるかと思いますが、本格的なSMクラブについては本人の資質であったり、経験が必要かもしれません。
また店舗の数もSMクラブはM性感に比べて少ないように見えますので地域が限られてきます。

給料や待遇でのお仕事探しはもちろんですが、「性癖」によってはこういった業種を選ぶということもできます。
Posted by担当B

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply