【STDの種類】カンジダってなぁに?

担当B


カンジダは特に女性に多い病気で、パートナーから感染することもありますが、もともと人の体内にある菌とも言われ、他のSTD(性病)とは少し性質の違うものとなります。
免疫力が弱くなっている時に発症しやすいと言われています。カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因となって起こる病気です。
ここでは膣カンジダについて説明します。

感染経路


前述の通り、カンジダは日常生活の中での発生や他のSTDのように感染など原因がさまざまです。
・風邪、疲労、ストレスなど免疫力が落ちたとき
・生理の前後、妊娠時のホルモンバランスの変化
・抗生物質の服用
・夏場の蒸れによる湿りや、しめつけの強い下着
・性行為によるパートナーからの感染
・糖尿病

3c8692c40b30a658d1b8b9427d763737_s.jpg


このように性行為だけではなく、ホルモンバランスの変化や、ストレス、免疫力の低下や環境の変化等で、普段は他の常駐菌とバランスが取れているカンジダ菌が大量発生することにより膣カンジダが発生します。
「体調の崩れ」による原因が主なので決して恥ずかしい病気ではありません。

症状


典型的な症状は外陰部のかゆみとおりものの変化です。かゆみは非常に強く、おりものは白く濁ってポロポロしています。
他にも、腟のヒリヒリや熱感、腟の外部皮膚(外陰)の発疹や発赤、排尿時の痛み、性行為時の痛みなどがあります。

カンジダの治療と予防


膣カンジダが疑われる場合は類似の疾患もあるのでなるべく自己診断せずに、婦人科や産婦人科を受信します。

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s.jpg


膣カンジダと診断された場合、膣剤による治療となります。この薬は病院の処方箋のほかに、薬局にも市販薬が売っています。
過半数の人が再発しているので、早期治療と疾患の理解が大切です。

予防策として、
・高温多湿を避ける(下着は通気性のよいものを)
・衛生用品を仕様するときはこまめに交換する
・入浴時に膣内まで洗わないように
・トイレのあとは腸からの感染をさけるために前から後ろにふくようにしましょう
・下着やタオルは毎日清潔なものを使用
・なるべくストレスや疲労をためないように
などが挙げられます。

自分の身体が「いつもと違うな?」と感じたら、迷わず医師に相談しましょうね。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply