【STDの種類】クラジミアって?

担当B


クラミジアは最も一般的な感染症です。

突然の余談ですがわたしがこの名称を知るきっかけになったのは、風俗嬢さんたちのツイートでした。
すでに風俗嬢として稼いでいる人たちにとっては「よく知る病気のひとつ」なんでしょうね。
なので、この記事は「これから風俗で働いてみようかな」とか、「今日から風俗で働きます」みたいな人に見てもらえたらなあと思っています。
もちろん風俗嬢歴の長くても「かかったことがないから詳しく知りたい」というかたに見ていただけたら幸いです。

クラミジアは特に若い人に多く、ほとんどの人が症状を感じないためパートナーに移してしまうことがあります。

5709a48afe599be99e04604db2faafa8_s.jpg


放置してしまうと卵管炎などを起こし不妊症の原因になると言われています。
自覚症状がなくても複数のパートナーがいる人は定期的に検査を受けた方が良いようです。
感染した場合はパートナーにも検査を勧めて一緒に治療をして移し合いを防ぎましょう。

感染経路


性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)により感染します。
最近ではオーラルセックスが一般的になっているので、性器だけでなく咽頭(のど)への感染も広がっています。その場合、通常の口づけでは感染する可能性は低いですが、ディープキスの場合は感染率が高くなるようです。

症状


感染してから発症するまでの期間(潜伏期間)は1〜3週間とされています。約80%は無症状だそうです。
女性の症状としては「おりものの増加」「生理以外の出血(不正出血)」「下腹部の痛み」「性交時の痛み」ですが、症状を感じないことが多いのが特徴なので感染に気づきにくいです。おりものの量が少し増える程度で、においなどの変化はほとんどありません。感染を放置すると、クラミジアが体の奥に広がり重い病気につながることがあります。

78da09170cfff4e62b85db1a7ee29ea2_s.jpg


また、クラミジアに感染していると他のSTDやHIVの感染率が飛躍的に高くなるようです。

クラミジアの治療と予防


抗生剤の内服による治療です。

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_s.jpg


症状は数日でなくなることが多いですが、完全に菌が死滅していないことがあるので医療機関の指示通りの服用が必要です。
クラミジアは、性行為の最初から、オーラルセックスでも同様でコンドームをきちんと使えば感染を防げます。

クラミジアの怖いところは「自覚症状がない」ために治療をせず、「他の人に移してしまい」「感染を拡大」させてしまうところにあります。

「自分は大丈夫」

とは思わずに、心当たりがある場合は必ず検査を受けるようにしましょう。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply