スポーツジム派?自宅トレーニング派?

担当B


「健康のために」
「ダイエット目的で」
ということで、スポーツジムを利用したり自宅トレーニングをする人は少なくないかと思います。

4084b715fa4bea15d4bcdb80bbefaf31_m.jpg


どちらもメリット・デメリットがあります。
ここではそれぞれの長所・短所をまとめてみようと思います。

スポーツジム派はお金と時間が必要


まずはじめに。
スポーツジムは立地によって利用者の層が全く異なります。
ターミナルビルの中やビジネス街近くなら会社帰りの人が多いでしょうし、
住宅街に隣接していれば主婦層やシニア層が多いでしょうね。
それにプライベートジムも探せばあるでしょう。
高級志向のジムも当然あります。
ここでは一般的なスポーツジムを例に挙げて説明します。

全国展開をしているスポーツジムはその立地によって月額費用が違うことがあります。
人通りの多い駅チカと閑静な住宅街では前者のほうが高くなる、というイメージでしょうか。

スポーツジムのメリット


・自宅に置けないようなトレーニングマシンがある
・広いスペースで存分に身体を動かせる
・スタジオプログラムに参加すると個人では始められなさそうなトレーニングを受けられる
・プールが利用できる(プールがある場合に限る)
・交友関係が広がる(かもしれない)
・お金を使っているので「行かなくては」という気持ちになれる(=サボりにくい)

特に一番のメリットは「トレーニングマシン」が使えることでしょうね。

bc14a35883b4946050105608077973a8_m.jpg


こういった本格的なトレーニングマシンは、「家に置くスペースがない」「高価である」ことから、スポーツジムにでもいかないと使える機会はそうそうないかと思います。
ちなみに使い方がわからなくても、スタッフに聞けばだいたい教えてもらえますよ。(教えてくれないところとかあるんだろうか?)
ちなみに専門のスタッフとマンツーマンでのトレーニングとなると別途料金がかかることが多いと思うので、利用しようと思うスポーツジムに直接聞いてみてください。

また、スポーツジムによってはトレーナーによる「スタジオプログラム」が実施されていることがあります。
ヨガであったり、エアロビであったり、様々です。
区切られた時間の中でトレーナーがいるスタジオ内で身体を動かす、といったものがほとんどでしょう。
独学よりも専任のトレーナーがいるスペースで行うことができるので正しいフォームやペースを身につけられます。
プールがあるジムですと、プールでのプログラムもあったりするので「今日はマシンで」「今日はプールで」と選択肢も広がるのでなかなか飽きることはありません。

スポーツジムに定期的に通うとなると当然顔なじみもできてきます。
話しかける機会も多くなるので、意識次第では交友関係が広がります。
もちろん「1人のほうがいい」という人はもくもくと身体を動かせばいいだけです。

あと、これが一番大きいでしょう。

「月額費用を払っているからちゃんと通おう」

という意識。
この意識があるとないとでは大きく違いますね。
自宅トレーニングは続かない、という人にはこういった「お金を使うことで強制的に続ける」手段があります。
…ただしこれは時間に余裕がある人の手段です。

スポーツジムのデメリット


・24時間営業でもない限り時間に制限がある
・お金がかかる
・わざわざ出かけないといけない
・他人と同じく空間でのトレーニングがいや

「時間に余裕がない人」の場合はおそらくスポーツジムの営業時間次第ではとんだ足枷になります。

仮に営業時間が10時オープン~21時クローズのスポーツジムに通うとします。
仕事の退勤の定時が19時だったとしたら?
会社の近くのジムに通ったとしても到着して着替えたら結局19時半スタート。
クローズまでに着替え等を終わらせようとしたら一時間ほどしか身体を動かす時間がありません。
そうすると今度は時間にしばられてだんだん行くのがいやになりストレスを感じてしまうかもしれません。
そこまでいってしまうと結局通うのをやめてしまいます。
一時的に行かないだけならまだしも、退会することもあるかもしれませんね。

じゃあ、どうしたらいいの?

答えは簡単です。

「やる気があるなら休みの日に通えるジム選びをする」

ですね。
しかし、あまり遠方のジムだと継続して通うのがつらくなるかもしれません。
雨の日とか億劫になるかもしれません。

あとは

「定期的にお金がかかる」

といったところでしょうか。
でもこれはしっかりと通う人にとっては価格にもよるでしょうけど安く感じそうですね。
「しっかり通う人」にとっては。

正直に言うとスポーツジムは、
「自分の意識の問題だけで比較的メリットのほうが多い」
と思います。

上に書き出した「わざわざでかけたくない」「他人と同じく空間でのトレーニングがいや」な人はそもそもスポーツジムに通う選択肢がないかと思うので、デメリットというのには少しおかしかったですね。

自宅トレーニングのメリットとデメリット


・自分のペースでできる
・お金がかからない

メリットはこの2つに尽きるんじゃないでしょうか?
ただこのメリットですが、デメリットと背中合わせです。

・めんどくさくなってやらなくなる(続かない)
・正しい方法がわからなくて効果がない

デメリットとしてはこの2つが大半を占めそうですね。
効果がないトレーニングをいくら続けても、「目に見える効果」が出ないとやる気も失せてしまうのが人間じゃないでしょうか。

6d63372d11ac89380414e941e1015056_m.jpg


総評


「トレーニングは本人のやる気次第」

もうこの一言ですね。
自宅で続けられる人はスポーツジムに通っても続くだろうし、
スポーツジムが続かない人はやっぱり自宅でも続かないと思います。

自宅で続けるためには

「無理をしない」
「しんどくなるまで続けてやらない」
「忙しいを言い訳にしない」


という3ナイじゃないですかね?(笑)

別記事でも書きましたけど、スマホアプリに管理してもらうのもアリですよ。

Posted by担当B

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply